様々な精神障害や身体的ダメージを及ぼすうつ病は、ストレスを抱えがちな現代人の多くが悩まされる病です。前橋市に所在する当院の精神科では、うつ病治療を通して心身の不調を改善させ、うつ病を克服していただくだけでなく、日頃から予防に努めることも大事だと考えています。

楽観的な考え方をする

楽観的な考え方をする

うつ病を予防するためには、自分の思考を見つめなおし、必要に応じて変えてみることが大切です。

些細なことにこだわらず、ものごとを楽観視できるタイプは、比較的ストレスを蓄積しにくいと言われています。もちろん、ストレスを全く感じないということはありませんが、おおらかな視点で見つめ気楽に取り組む姿勢を心がけることは、うつ病治療でも取り入れられています。

育った環境や様々な経験から形成された性格を変えるのはなかなか難しいことですが、普段から楽観的な考え方を意識するだけでも、状況は少なからず違ってくるものです。

太陽の光を浴びる生活を心がける

太陽の光を浴びる生活を心がける

うつ病と日照時間は密接な関係にあるとされており、太陽の光を浴びる時間が少なければ少ないほど、うつ病を発症させるリスクが高まると言われています。日中は部屋のカーテンをあけるようにしたり、散歩やスポーツの習慣をつけたり、日頃から太陽光を身体に取り込む生活を心がけることが重要です。

散歩やスポーツをして身体を動かすことは気分をリフレッシュさせるため、うつ病の要因であるストレスの発散にもつながります。

多くの情報を得る

予防の一環として、うつ状態の兆候や症状、原因、うつ病治療について知ることも、有効な対策と言えます。うつ病についての幅広く正確な知識を身につけることで、様々な方面からのうつ病対策を可能とします。インターネットや文庫、講演会など情報を入手するルートは様々ですが、うつ病治療のスペシャリストである精神科の医師から話を聞くのも方法の1つです。

群馬県前橋市にある当院では、内科・外科・整形外科・リハビリテーション科の他に精神科・心療内科を設け、心の病気を患っている方への診療を行っています。心身症や精神疾患に対する診療、臨床心理士によるカウンセリング療法などを駆使しながら、うつ病治療や心理学的観点からのアドバイスを行います。
また、専用の相談窓口を準備していますので、抱えている不安や問題を診察前に相談されたい方、どうぞお気軽にお問い合わせください。