うつ病は、今や知らない人はいないほど広く知られる病気です。身近な人がうつ病治療を始めた時、接し方は重要な要素の1つに挙げられます。身近な人だからこそ「どのように接するべきか」分からないと、それだけで戸惑いが大きくなってしまうと思います。うつ病治療を始めた時の接し方を心得ておくことは、本人の回復を後押しできる上、支える方々の不安や負担を軽減させることにもつながります。

病気を患う本人を受け入れることから

うつ病を患ってしまうと会社や学校を休むことになるなど、これまで通りの生活を送ることが難しくなるため、自分の置かれた状況に対して罪悪感を抱くことは珍しくありません。

うつ病の認知度が高まっている現代において、うつ病に対する理解は深まりつつあります。しかし、家族やパートナーといった身近な人がうつ病を患い、これまでとは違う様子を目の当たりにしてしまうと、驚きや不安を感じてしまうものです。病気を非難する言動は、本人を余計に不安にさせたり、追い詰めたりすることになります。多少時間はかかっても、うつ病治療を始めた大切な人を受け入れる姿勢を心がけてください。

禁句にはどんなものがある?

禁句にはどんなものがある?

うつ病治療を始めた頃は、人の言葉や気持ちに敏感になっています。相手の発した言葉や表情、態度などに普段以上に意識が向くため、少しでも気になる要素があると悪い方向に考えてしまい、落ち込んでしまう傾向にあります。そのため、病気の原因を探るような言葉は大きく傷つけてしまいますし、励ましの言葉も追い詰める原因となります。

「これまでの生活を取り戻したい」という思いは、本人が強く感じていることです。相手を思う気持ちを込めて励ましの言葉をかけたとしても、本人にとっては辛く感じることがあります。

気負い過ぎないことも大切

気負い過ぎないことも大切

身近な人の協力が重要と言われるうつ病治療において、献身的なサポートをするあまり、ついつい力が入ってしまうことがあるかもしれません。

治療に前向きな人が身近にいらっしゃることは、うつ病治療において大きなプラス要素になりますが、1つ1つの言動に気を使い過ぎないよう心がけましょう。本人が「周りに心配ばかりかけている」と感じてしまう恐れがあるため、気負い過ぎず改善に向けて気長に構えることが大切です。

前橋市でうつ病、神経障害の診療を必要とされる方は、当院にご相談ください。患者様の状態に応じて治療法の選択、アドバイスをさせていただきます。治療による病気そのものの克服のみならず、医療福祉相談室では、うつ病治療や精神障害などの病気に伴うお悩み解決のお手伝いもさせていただきます。