ストレス社会と呼ばれている現代では、いつ誰がうつ病を招いてもおかしくありません。
うつ病の方の中には、自分がうつ病であることに気付いていない方もいらっしゃいます。
心の健康を維持するためには、うつ病の症状にいち早く気付くことが大切なのです。

うつ病の症状には、不眠やイライラなどを挙げることができますが、妄想をしてしまうことも1つの症状なのです。こちらでは、うつ病の症状である微小妄想についてご紹介します。微小妄想は以下の3種類に分類することができます。

健康状態に関して不安感を抱く心気妄想

身体の健康状態に対しての不安感を抱いてしまうことを心気妄想と呼びます。実際は健康でも、命を落としてしまうような重い病気にかかってしまったというような思い込みをしてしまう特徴があります。

自分が行ったことを罪だと考える罪業妄想

完璧主義者と呼ばれる方や自分に厳しい方に見られるのは罪業妄想です。罪業妄想は自分が行ったことが罪であったのではないかと自分を追い詰めてしまいます。症状が重たくなると、自分の存在を否定してしまう・幻覚を見てしまうなどの症状を招く場合があります。

お金に関して心配事を抱く貧困妄想

貧困妄想は金銭面で心配をしてしまいます。しっかり収入を得ていても、お給料が少なかったから生活ができないというように必要以上に心配してしまうのです。貧困妄想は周囲から見るとただお金が欲しい方のように見えてしまうこともありますが、うつ病の症状である微小妄想の1つなのです。

このような妄想をされている方は精神科医や心療内科医にご相談ください。群馬県前橋市周辺にお住まいの方は、前橋市下大島町にある当院をご利用ください。
当院では心の病気を扱っている精神科と心療内科も備えているので、こちらでご紹介した症状に当てはまるお悩みをお持ちの方もご安心して足を運んでいただけます。生活に関するご相談や医療費に関するご相談も受け付けているので、お気軽にご相談ください。群馬県前橋市周辺にある精神科・心療内科をお探しの方は、当院のスタッフにお任せください。