現代は、心の病気にお悩みになっている方が少なくありません。ストレスが多いと言われる現代、誰でも心の病気を発症してしまう可能性を秘めています。初期サインが現れるため、初期サインを知っていれば早めに対処することは難しくありません。迅速に対処するためにも、心の病気の初期サインについて理解しておきましょう。

心理面

心の病気を発症すると、イライラする、怒りっぽくなるなどの変化が現れることがあります。何となく精神的に落ち着かないと感じるようであれば、自分の心を見つめ直すタイミングかもしれません。

常にイライラしたり、ちょっとしたことで怒りを表に出したりなど、心の変化に自分自身で気づくことが大切です。心の変化は自分自身が一番気づきやすいはずですが、自分の心を見つめ直す余裕がないと、変化を見逃してしまう可能性もあります。
周囲の人から「怒りっぽくなった」、「イライラすることが多くなった」という指摘を受けたら、その忠告に耳を傾けてみましょう。普段から一緒にいる家族や仕事仲間の方が、変化に気づいている場合も少なくありません。

身体面

心の病気を発症すると、疲労感、動悸、不眠、食欲不振など身体的な変化が現れることもあります。
全身のだるさ、倦怠感が長く続くようであれば、心の病気が関係している可能性があります。
動悸や息苦しさは体力不足を疑う事が多く、不眠は眼の疲労から起こることもあるため、これらの症状から心の病気を疑うことはあまり無いと思います。しかし、心の病気のサイン、症状でもあるため注意が必要です。
「疲れ」や「悲しい出来事」などによって、一時的に引き起こされる食欲不振であれば、深く心配する必要はありません。ただ、数日以上にわたって食事がとれない、食欲がない状況が続いたら病気の影響が考えられます。

病気のサインを感じ取ったら

心理面での変化に加えて、身体面に変化が現れていると何処の科を受診すれば良いのか分からずに悩んでしまうことも多いと思います。身体面の変化が現れていたとしても、精神的な変化が大きい場合は精神科、身体的な変化が大きい場合は、心療内科というように心理的サイン、身体的サインの程度を目安にして受診する科を選択すると良いでしょう。
当院では精神科、心療内科の診療に対応しております。どの科で受診したらいいか分からないとお悩みでも適切な科へ案内いたしますので、ご安心ください。前橋市周辺にお住まいで心理面や身体面の違和感がある方はご相談ください。

前橋市近郊にお住まいで、精神科の受診をお考えの方は、当院をご利用ください。不安やイライラに加えて、幻覚妄想も心の病気ならではの症状です。少しでも病気の可能性が疑われる場合は、一度ご来院ください。