ストレス社会の現代では、精神的な病に悩まされる方が急増しています。そんな方々の支えとなり社会復帰を目指すためのリハビリテーション施設が「精神科デイケア」です。
人との触れ合いによって得られる効果とは一体どのようなものなのでしょうか?

コミュニケーション力を鍛えられる

生きていく以上、人との関わりは避けられません。精神疾患に悩まされている方の多くは、対人関係に悩みをきっかけに精神科デイケアへ訪れます。デイケアでは、様々なプログラムを通して仲間やスタッフと交流を重ねられるので、少しずつ社会復帰のためのコミュニケーション力を身につけられます。
万が一、対人トラブルがあった場合でも、その場のスタッフに相談しやすい環境となっておりますので、大きなトラブルに発展することはありません。

規則正しい生活リズムが身につく

生活習慣の改善はどんな病気にも大切ですが、精神疾患の場合には過食・拒食・不眠・強い疲労感などの症状により生活リズムが乱れやすい傾向があるため特に大切です。生活リズムが不規則だと、体内バランスも崩れて精神状態に影響を及ぼすため、精神疾患を根本から治療するには生活リズムを整えることが重要となるのです。
精神科デイケアは外に出るキッカケになり、定められた月間プログラムに沿って、規則正しく活動できるので、生活リズムが安定します。

大切な居場所ができる

疎外感や孤独感は精神状態を不安定にする大きな要因となります。様々な理由により学校や会社へ通うのが困難になると、「自分の居場所がない」と感じてしまいます。そのような不安を取り除くためには、人と関わりを持つ居場所が大切です。
精神科デイケアには、同じような悩みを抱えて治療に励んでいる方が沢山いらっしゃいます。仲間と共感し合い、楽しみや喜びを分かち合うことで、自分自身の大切な居場所を見つけられるようになるのです。

ご家族の負担が軽減される

精神疾患の治療は長期に渡る場合もあり、ご家族に負担がのしかかるケースも多々あります。精神科デイケアでは、医療スタッフのサポートにより患者様の治療を行えるので、ご家族の負担が軽くなり心に余裕が生まれます。また、病気への理解や付き合い方を知ることで再発予防にも役立ちます。

群馬県前橋市で精神科デイケア施設をお探しの方は、当院へご相談ください。
当院では、総合的なチーム医療によって多くの患者様とそのご家族をサポートいたします。精神科デイケア施設の「デイケアきらら」だけでなく、精神科グループホーム認知症治療を対象としたグループホームなどもございます。共同生活を送っていただきますが、ケアはあくまでオーダーメイド。安心して過ごして頂けるよう職員がサポートをいたします。
精神的なストレスから若年認知症を発症するケースも珍しくありませんので、総合医療によるサポート体制が整っている当院へ足をお運びください。