院内施設のご案内

  • 病室

  • 特別室

  • 脱衣室

  • 浴室

  • 食堂

  • デイルーム

  • 談話コーナー・廊下

  • 喫茶コーナー

  • スタッフステーション

  • 待合室

  • 多目的ホール

  • テラス

設備のご案内

当院では、精神科総合リハビリテーションを含めた総合的な精神科医療の提供体制を築き上げ様々な検査に対応できるよう、高度先進医療機器の整備を図ってまいりました。
具体的にはCT、超音波エコーで心臓から腹部、CT脳波、心電図、超音波、呼吸器系のマイクロスパイロ、またオージオメーター(聴力の検査)、内視鏡では気管支鏡、胃内視鏡、大腸の下部の内視鏡、嚥下診断用のファイバースコープ、胃瘻交換時の細い内視鏡もあり内視鏡関係だけで5種類の内視鏡を整え診断治療に繋がってます。
また検査技師も2人いますので、あらゆる診断治療を当院内で完結できる体制を整えております。

その他設備一覧

機器名称 関連
生化学自動分析器 採取した血液や尿などの成分を分析し、からだに異常がないか炎症があるのかなどを調べる検査です。
血球計数装置 貧血や炎症、および血液疾患の診断に必要な検査です。
尿分析装置 専用の試験紙に尿をつけて成分を分析します。
血ガス分析システム 血液中のPHや酸素濃度などを測定し、呼吸器疾患等の診断に用います。
生物顕微鏡 顕微鏡で尿中や血液中の細胞成分を観察します。
卓上遠心機 採取した血液や尿などを分離します。
免疫測定装置 血栓症(肺血栓塞栓症、エコノミー症候群等)、心不全の判定のために用います。
脳波計 てんかんや脳障害などの検査に用います。
心電計 心疾患の検査に用います。
超音波診断装置 肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓や心臓、婦人科、甲状腺などの部位に超音波をあて内部を観察する検査です。
呼吸器系
(マイクロスパイロ)
最大換気量等を測定し、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの判定に用います。
オージオメータ 聴力検査に用います。
内視鏡 口や鼻、肛門部から挿入し、胃、十二指腸、大腸、直腸などの状態を可視的に診断し、潰瘍や悪性新生物(がん)などの判定に用います。
上部内視鏡
下部内視鏡
軟性喉頭鏡
胃ファイバースコープ
コンピュータ断層撮影装置
(ヘリカルCT)
各部位(頭部、胸部、腹部など)の断面画像を撮影し、脳や内臓の疾患、認知症の診断に用います。
一般撮影装置 胸部、腹部等の疾患(肺炎、イレウスなど)の他、骨折などの判定に用います。