リハビリテーション部門の概要

リハビリテーション部門では、さまざまな機能障害や日常生活上の障害を持つ方々に、疾患に応じた機能訓練や日常生活指導による障害の軽減から社会復帰の援助まで総合的な診療を行っています。

当院では、利用者の皆様の機能回復、生活機能の増進、環境改善や社会的役割の強化推進などのために、様々な分野の専門家(作業療法士、精神保健福祉士、看護師、医師など)が連携あるいは協同して治療にあたる体制を整えています。

治療の技術面の大きな柱として理学療法と作業療法、言語聴覚療法があります。病気によって生じた様々な障害を回復するため、理学療法では主に歩行を中心とした全身的な基本動作の獲得を目指し、作業療法では日常生活動作を目指します。また言語聴覚療法士は、失語症や構音障害、摂食嚥下障害などを呈している患者様に対してリハビリを実施しております。