検査概要

当院ではリハビリテーションに際して各種検査器具を導入し、精神科の患者様に対してもADLの向上、維持に努めています。

検査内容について

嚥下造影検査(VF)

嚥下造影検査とは、食べ物が気管に入り誤嚥、食物残留等があるかどうか、また食品の種類、体位、摂取方法よってどうすれば安全に飲み込みが出来るかどうかを評価する検査です。当院では、デジタルX線透視撮影装置や嚥下造影対応チェアを導入し医師、放射線技師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士等で効果的なリハビリテーションを行うため上記の結果を踏まえ評価、今後の方針を適宜検討しています。

嚥下内視鏡検査

鼻の穴から内視鏡を挿入し、喉の中の飲み込む動作を直接画面の映像で確認し、飲み込みの状態を検査するものです。

知覚、痛覚検査

当院では知覚・痛覚定量分析装置(Pain Vision)を導入し、装置の電気刺激量から被検者の持つ痛みと同等な電気刺激量を測定し、痛みの大きさをあらわす指標を表示します。